Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//Gマークで事業者から一番質問が多い「安全性に対する取組の積極性」について

Gマーク

Gマークで事業者から一番質問が多い「安全性に対する取組の積極性」について



Gマークの評価項目の中で「安全性に対する取組の積極性」は20点満点です。

 

他と比べると配点が少ないですが油断禁物です。

なぜなら、Gマーク申請書類をそろえる中で一番手間と時間がかかる部分と言われています。

また、トラック協会の説明会でもわかりにくい?部分だと思います。

 

 

こちらは全日本トラック協会(全ト協)による「書類審査」が行われます。

 

大切なことは

①マニュアルや会議議事録、参加研修の内容資料、開催日時、場所、名前、参加人数などを

必要なだけ用意し、Gマークの申請受付の時に提出します。

②その際、指定された箇所にマーカーなどをきちんと記入してください。

 

審査を担当する立場に立てば、書類の量が多く、引くべきところにマーカーもなければ、

例えば参加者を見落としても申請した事業所の責任・・・となってもおかしくありません。

内容は下記の通りですが、一夜漬けで出来るようなものではなく、計画的に資料作成が必要になる書類ばかりです。

(前提となるマニュアルの整備・活用や会議・研修などが実施されていることも前提ですが・・)

項目
事故防止マニュアルを活用している。                            2点
事業所内で安全対策会議を定期的に実施している。                      3点
荷主企業、協力会社または下請会社との安全対策会議を定期的に実施している。         2点
自社内独自の運転者研修等を実施している。                         3点
外部の研修機関・研修会へ運転者などを派遣している。                    2点
特定の運転者以外にも適正診断(一般診断)を計画的に受診させている。            2点
安全運行につながる省エネ運転を実施し、その結果に基づき個別の指導教育を行っている。    1点
定期的に「運転記録証明書」を取り寄せ、事故、違反実態を把握して、個別指導に活用している。 2点
グリーン経営認証やISO9000シリーズまたは14000シリーズ等を取得している。    1点
過去に行政、外部機関、トラック協会から輸送の安全に関する表彰を受けたことがある。     1点
輸送の安全に関する自主的、積極的、独創的、先進的または高度な取り組みを実施している。   1点
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧