Visa ビザ申請について_返金保証・月20件の豊富な経験・高許可率

Visa

HOME//ビザ申請について

就労ビザ申請について

就労ビザは原則大卒以上学歴・専門知識・スキルを持つ人材を採用する際に取らなければならない在留資格で、工場や飲食店のホールなどで単純労働には従事できない在留資格です。代表的なものは、「技術・人文知識・国際業務」ビザなどです。
企業が外国人を雇用する場合は、仕事内容に応じたビザを取得する必要があります。
「外国人を雇用したいけど、自社で外国人を雇用できるかわからない」
「どのようなビザを取得したら良いか、ビザ手続きの仕方がよくわからない」
「中途で雇用したい外国人がいるが、外国人が適法なビザを持っているかわからない」など、就労ビザのことでご不明な点がございましたら、お問い合わせください。
※飲食や介護などでの現場での単純労働は次項の特定技能ビザが該当する可能性があります。

もっと詳しく

特定技能ビザ申請について

特定技能ビザとは、2019年の4月から新たに導入された在留資格で、就労ビザの一種です。
外食業、介護、農業、漁業、飲食料品製造業、宿泊業、建設業、造船業などの分野で、元技能実習生(技能実習2号の修了)や国内外で実施されるテスト(日本語能力+専門)の合格者など、一定の専門性や技術を持っている外国人を受け入れる仕組みがつくられました。

もっと詳しく

国際結婚ビザや離婚によるビザ変更の申請について

結婚による配偶者のビザ取得、離婚によるビザの変更をサポートしています。
国際結婚・離婚についてご不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

もっと詳しく

経営管理ビザの申請について

外国人の方が日本で起業したり、現在ある企業の経営・管理業務をする場合、「経営・管理ビザ」の取得が必要になります。
「経営・管理ビザ」は他のビザと比べると要件が厳しく、近年ますます取得が難しくなっています。
佐藤事務所の昨年の許可率は90%を超える好成績!

もっと詳しく

永住ビザの申請業務について

永住権(永住ビザ)とは、外国人が日本国籍を所持しなくても日本に永住できる権利です。

在留期間の更新をしなくて良い、社会的地位が上がり、日本人と同じようにどのような仕事にも就くことができるなどのメリットがあります。

もっと詳しく

家族滞在ビザ等の申請について

配偶者やお子様を日本に呼ぶ場合、「結婚ビザ」や「家族滞在」、「定住者」のビザを取得します。
なお、家族滞在ビザで日本に呼べるのは、配偶者と子供に限ります。ご両親を家族滞在ビザで日本に呼ぶことはできません。

もっと詳しく

特定技能の登録支援機関の申請について

企業が単独で特定技能ビザを持つ外国籍の方をサポートするのが難しい場合、登録支援機関に業務委託できます。
その登録支援機関の出入国在留管理局への申請サポート業務を行います。

もっと詳しく

オーバーステイ(不法滞在)から在留特別許可のご相談・サポートについて

不法入国(偽造パスポートなどを用いて不法に入国)や不法残留(定められた在留期間を過ぎても日本に滞在)は一般的にオーバーステイ(不法滞在)と呼ばれ、原則的に強制送還となりますが、特別な理由がある場合、法務大臣が特別に在留を許可する在留特別許可という制度があります。
弊事務所では次のページにあるような積極的な要素がある場合のみご相談にのっております(秘密厳守)。

もっと詳しく